ドッグフード評判.biz~安全性と危険を検証しました~

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

愛犬の健康を守るのは良質なフード!

画像

ドッグフードの安全性について考えたことのある飼い主さんは少なくないと思います。 大切なワンちゃんの健康を考えると、毎日のご飯は非常に重要な要素ですよね。
しかし、市販されている殆どのドッグフードは安全性に関して疑問に感じる点が多いのも事実。

ここでは、改めてドッグフードの安全性を考える為に敢えてドッグフードの危険性を指摘しました。
市販品の何が危険で、今後どんなポイントに気をつければ良いのかを考える材料になるでしょう。

原材料の危険

トップページでも書いた通り、最近は大手の食品製造企業が盛んにペットフードメーカーを買収しています。 その背景は人間の食品から出たゴミとも言える廃棄物をペットフードとして再利用できるから。 本来ならば捨てるものがペットフードとして儲けをもたらしてくれるのですから、企業としては非常に合理的です。
しかし、私たち飼い主としてはたまったものではありません。

廃棄物の具体例としてはこんなものがあります。
肉骨粉・病死した畜肉食品衛生基準(人間用)オーバーの抗生物質を投与した畜肉・農薬残留濃度オーバーの穀物や野菜・レストランなどで使い古された油・・・
私はこれを知った当時、本当に驚きましたし、不安になりました。

輸入されたものはもちろんですが、国産のものでも一般的だそうです。
正直、市販のドッグフードは本当に危険だと思いました。
よくチェックしないと、食べ物から犬の身体が壊れてしまうとも思いました。

何が含まれているか分からない・・・
画像

このサイトを見て頂いている飼い主さんのなかにも今、愛犬に与えているフードの中に何が含まれているか分からないという人もいるかと思います。

まず、欧米諸国をはじめ日本においてもペットフードの原材料と添加物に関しては公的な安全基準が設けられていません。

原材料を表示しなければいけない・・・という規則もないのです。 宣伝文句で無添加・ナチュラルと書いてあるものであってもどんな添加物が含まれているか分からない状態です。

日本国内においてはメーカーの自主規制によって原材料の80%以上を表示すれば良いとされています。 厳密な表記をする必要はなく、おおまかにしか表示されません。
パッケージに表示されていなくても犬にとって毒になってしまう添加物が含まれている可能性もあるのです。

添加物については【愛犬に負担をかけてしまう添加物】で詳しく書いておきました。

ドッグフードと穀物
画像

ドッグフードの主原料にありがちなのが【穀物】です。 トウモロコシや小麦や大麦などが、その具体的な例として挙げられます。

しかし、犬は本来は肉食ですから、犬の消化器官はこれらの食物を消化して吸収するのが苦手。 人間の唾液にはアミラーゼという炭水化物を分解する酵素が含まれますが、犬にはこれもありません。
その為、これらの穀物は消化器官の疾患や皮膚の疾患などを引き起こす原因になってしまう可能性があるのです。
アレルギーの原因になってしまうとも考えられています。

さらに言えば、これらの穀物は犬にとって殆どと言っていいほど栄養的な価値がありません。 そんなことも殆どのペットフードメーカーにとっては関係なし!
大体のドッグフードには穀物が使用されています。

犬にとって理想的な栄養源を持つ食材は肉です。
人間にとっては【野菜が健康に良い】というのは間違いではありませんが、犬にとっては別問題。 肉が原材料に使われているドッグフードを選ぶようにしましょう。
ちなみに我が家では、グレインフリーのネルソンズドッグフードを与えています。
また、カナガンも穀物完全不使用のレシピで出来ているので、しっかりと栄養を摂取することができます。 犬の健康を守り、病気を未然に防ぐ為にも必要な栄養を十分に摂取させてあげるのは大事なポイントです。

ちなみに肉は肉でも豚や牛はアレルギーの原因になる可能性が高いと言われています。
鶏肉やラム肉が犬にとって最高の肉。
※ただし鶏肉でもササミの部位はリンが多すぎると言われています。
リンを過剰に摂ると犬の体内のカルシウムが壊されてしまいます。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説