ドッグフード評判.biz~安全性と危険を検証しました~

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

愛犬に負担をかけてしまう添加物

画像

国内産・輸入ものを問わず、市販されているドッグフードに添加物が入っている可能性はゼロではありません。

基本的に日本で販売されるペットフードはメーカーの自主規制で原料の80%以上を表示すれば良いということになっています。
つまり、詳しいことは書いていないという訳です。
化学合成成分などの添加物は、使用されている場合でも「表示されない20%以下」に入ってしまい、表示されずに添加されているというケースもありえるのです。
メーカー側も、添加物というのは消費者から良く思われていないとの認識もあるでしょうから、その可能性はむしろ高いと考えられるでしょう。

メーカーはなぜ添加物を入れるのか?

なぜ犬に悪影響を与える可能性があり、なおかつ飼い主さんからも反感を買う可能性がある添加物をドッグフードに配合するのでしょうか? もちろんメーカーにも目的があります。

まず第一に挙げられる目的としては【長期保存】というポイントがあります。
できるだけ長い間【在庫】としての価値を持たせる為にも保存料はメーカーとしては必須なのです。

そして、第二に【酸化防止】が挙げられます。
実は危険な市販ドッグフード】でも解説していますが、市販の粗悪品ドッグフードにはレストランなどで使い古された油が使用されています。
こういった油はドッグフードの原料として使用する時点で既に古くなって酸化してしまっています。 非常に劣悪な油だと言えるでしょう。

そんな油が、それ以上酸化しない為に、いわゆる【酸化防止剤】が投入されます。
これが厄介な添加物で、非常に危険。
薬剤としても強力なものを使用しているようです。

上記のような添加物は非常に低コストで長期保存・酸化防止が可能になります。

こういった背景からメーカーはドッグフードに危険な添加物を投入しているのです。
そして、それらの危険な添加物は、私たちのような一般の飼い主が成分表示を読んでも記載されていません。

つまり、知らず知らずのうちに大切な愛犬に毒を与えてしまうことになりかねないのです。

こんな添加物が危険!

上記のように使い古した油の酸化を防ぐ為に用いられる酸化防止剤や防腐剤はどのようなリスクをもたらすのでしょうか? また、具体的にはどんな薬剤が使用されているのでしょうか?

こんなリスクがある!
  • 環境ホルモンとして生殖機能に異常をきたす
  • 発がん性が認められている
  • 痒みなどのアレルギー症状を引き起こす
  • 内臓疾患を引き起こす

どんな薬剤が使用されているの?
画像

ペットフードの化学合成酸化防止剤としてはエトキシキン(エトクシキン、エトキシゾール)が有名です。
色々な名前がありますが、全て同じものだということを覚えておきましょう。 この他にはBHAやBHTなどが有名です。 これらはどれもダイオキシン系の添加物で非常に強い毒性があります。 ベトナム戦争で使用された枯葉剤の原料としても有名です。
農薬としての使用は毒性の強さから禁止されていますが、ペットフードにはなぜか配合されることがあります。

もちろん先述したように、全体の割合から考えれば少量なので成分表示には記載されません。 私自身、一人の愛犬家として本当に恐ろしいと思います。

この薬物の使用に関してメーカーは【酸化防止剤は安全性に問題なし】という宣言をしています。 体内に影響を与える前に体外に排出されるというのが理由だとか。
しかし、私はこの情報を鵜呑みにはできませんでした。

そこで防腐剤や酸化防止剤を使用していないドッグフードを探しました。
今は我が家ではネルソンズ ドッグフードカナガンがメインです。
これらは防腐剤や酸化防止剤が使われていません。

皮膚の痒みや毛艶などもドッグフードを変えるだけで明らかに変わります。
我が家でも見た目・手触りともに毛並が断然良くなりました。

良いか悪いか解らないのであれば、とりあえず酸化防止剤が使われていないネルソンズ ドッグフードカナガンを試してみてください。
個体差はあると思いますが、我が家は比較的すぐに変化が見られました。

フードを変えて、毛並が変わるようなら、それまでのフードに何かしらの添加物が入っていたのかも知れません。 ぜひ【良くわからないもの】よりも【安全だと確認できるもの】を与えてあげて下さい。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説