ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

ドッグフードの表示義務項目について

以前はドッグフードについての表示義務は特にありませんでしたが、2009年にペットフード安全法が施行され、表示義務のある項目が定められました。
その表示義務項目とは、フードの名称・賞味期限・原産国名・原材料名・事業者名と所在地の5項目です。

フードの名称はドッグフード、キャットフードなどどんな動物用のペットフードか名称を表示しておくことです。
賞味期限は人間の食品と同様で、安全に食べられる期間を表示することであり、開封後はなるべく早いうちには食べきると良いでしょう。
原産国名は最後に加工工程を行った国を表記します。原材料名はペットフードに含まれている原材料を使用量の多い順から表示されています。
原則として添加物も含んだ全てを表示することを義務付けています。
事業者名と所在地はペットフードを作った会社などの名称と、その住所を表記します。

この表示義務項目によって原材料がほとんど分かるようになり、飼い主はペットフードの原材料をより気を付けて見るようになりました。
ペットフードを作っている業者も原材料に気を付けるようになりました。
しかし、原材料を全て表示してあるからといって、安全な食材ばかりが含まれているとは限らないのです。

肉骨粉は以前からよくペットフードに含まれていましたが、実はあまり体にいいものではありません。
肉骨粉は牛や豚、鶏の食肉部分以外の屑肉、脊髄、骨などを加熱処理して乾燥させた粉末です。
しかし、実際の肉骨粉には犬や猫の内臓なども含まれているのです。
このような肉骨粉がペットフード安全法施行後も使用しているペットフードがあるのが現状です。
原材料の表示義務があるのに、なぜ肉骨粉が表記されないかというと動物性脂肪や動物性油脂などとまとめられて表記されているのです。
しかし、ビタミン類やミネラル類などの添加物も表示されているのは分かりやすくて良いことです。

かわいいペットのために、動物性脂肪や動物性油脂などの表示に気を付けながら、原材料や栄養成分がちゃんと表示しているペットフードを選んであげましょう。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説