ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

お店で購入する時の注意点

ホームセンターやペットショップなどには、たくさんの種類のペットフードが置いてあります。
どんな市販のペットフードがいいのか、初めて選ぶ方は全く分からないでしょう。
では、どこに注意すれば良いのでしょうか。

まず栄養面から見てみましょう。
タンパク質など重要な栄養素ばかり気になってしまいますが、年代に合ったものを与えることの方が大事です。
よく「犬の健康を一番に考えています」というような謳い文句の広告を見ますが、仔犬と老犬に同じ栄養を与えるようでは駄目なのです。
幼犬、老犬、成犬それぞれに対して適切な栄養とカロリーのあるペットフードがベストと言えるのではないでしょうか。
出来れば、皮膚が弱い・腎臓が弱いなど、アレルギーに対してもサポート出来るフードだと良いですね。

次に、日本の法的な規制面から見てみると、市販のペットフードは残念ながら品質が良いものが作れるとは言えません。
アメリカの法律では、ペットフードでも人間とほぼ同様の食物規制がかかっています。
近年、日本でもペットフード安全法が施行はされましたが、人間の食物規制に比べたらまだまだ甘いのが現状です。
かといって、輸入品のペットフードならどれでも安全かと言うとそうでもありません。
品質の低い並行輸入品もありますし、農薬が多かったり、発ガン性の添加物が含まれている場合もあります。
こんな状況では、どんな市販フードを選べばいいのか全く分からないでしょう。

注意する点はもう1つしかありません。
原材料をくまなくチェックすることです。
動物性油脂などざっくりした原材料が書いてあっても、販売者に連絡してどんなものが含まれているのか問い合わせてみたら良いのではないでしょうか。
ペットフードが信用できないから、すべて手作りしているという飼い主さんもいらっしゃいますが、毎日3食ともなると実に大変だと思います。
安心できる原材料、信頼できる製造行程であるペットフードを探して、手作りのものを与えられないときに食べさせると良いでしょう。
すべてのペットフードが悪いものではありません。
原材料も栄養面も良いものばかりで、自分のペットに合ったペットフードがあれば一番に良いのではないでしょうか。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説