ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

ドッグフードに含まれる成分

ドッグフードは犬が食べるものですので、肉を主な原料として作られています。

肉やミートは、処理された動物から取れた肉で、
骨格筋または、舌、心臓、横隔膜、食道などにみられる横紋筋肉のことになります。
選ばれるのに多いのは鶏、七面鳥、牛、ラムなどの肉で、たんぱく質などになります。

肉副産物ミート副産物とは、動物の体から肉部分を除いた、
汚染されていない、かつ精製されていない組織になります。
肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、胃腸(含有物は除く)などのいわゆる内臓系と言われるものです。

肉粉やミートミールになるのは、
血液、毛、ひづめ、角、くず皮、糞、胃腸(含有物を除く)部分を精製して脂肪を除いたものです。
カルシウムの含有量がリンの2.2倍を超えてなくて、ペプシンで消化できない残留物が12%以下になり、
また精製されたものの中の、ペプシンで消化できない粗たんぱく質が9%以下であることが原料の条件となっています。
ミートボールミーンのミートミールとの違いは、肉の他に骨も含んだものを精製したもののであり、リンを最低4%含むということのみです。

脂肪には鶏脂肪、魚油、ひまわり油などが使われています。
酸化すると有害物質になるため、酸化防止剤や添加物投与対象となります。
またたこの場合の脂肪とは脂質のことを表しており、最大のエネルギー源になっています。
肥満の対象ではありません。

ビートパルプとは、砂糖大根から糖分を搾り取った後の残りかすのことで、
ダイジェストとは、フードの表面に吹き付ける脂肪を加水分解したもののことです。

またドッグフードにはよく穀物が入っていることが多いのですが、あまり栄養成分にはなっていないといわれています。
穀類は安価でペットフードの嵩を増やし、
加工も簡単なためにドッグフードに大量に使用されていますが、低たんぱく質なドッグフードになっています。

パッケージを良く見て、肉の成分が多い高たんぱく質なドッグフードを選びましょう。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説