ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

おやつの重要性

犬には総合栄養食のドッグフードを与えていれば、栄養面では満たされます。

犬の食生活にとってはおやつは絶対に必要なものというものではありません。
ですが、食べることは犬にとっては大きな楽しみでもありますから、
食事以外の時間におやつがもらえるのはとても嬉しいことであります。

大好きな飼い主からもらう美味しいおやつは犬にとっては特別な食べ物であり、
おやつがコミュニケーションを深めてくれるのです。

また、しつけの時には「ごほうび」としておやつが役に立つでしょう。
ただし、人間のおやつと同様、与え過ぎれば、その嗜好性ゆえに肥満の原因になってしまいます。
単にねだられるままに与えるのではなく、目的をもって賢く活用するようにしましょう。

おやつは勿論、犬用のものです。
間違っても人間のおやつを分け合ってのコミュニケーションは犬の体によくありません。

ペットショップや量販店のペットコーナーに行くと、目移りするくらいたくさんのおやつが並んでいますので、
そこから選んで少量を持って遊んだり、もしくはしつけをしながら与えるようにしましょう。
犬の気を引いたり、ご褒美として与えることで、その行動を強く印象づけていくことで、しつけていくのです。

勿論、言葉や行動でも誉めたりすることは大切ですので、
力「っぱいに誉めてあげてほしいのですが、1枚の犬用おやつがあれば印象に残りやすくなります。

ただ犬は賢いのでこうすればおやつがもらえると覚えてしまいます。
あまり同じ行動でおやつをあげるのではなく、こちらも手をかえ品を変えて、
犬の意表を突くようにしないと、あっというまに肥満になってしまいます。

もともとは食べ過ぎ注意の高カロリーの嗜好品や低カロリーの満腹感を与える目的が多いのが、おやつです。
本来のドッグフードが食べられないようにならないように、運動もさせながら与えるのがいいでしょう。

また太ってきたら本当ならおやつをやめるべきですが、
犬が覚えていて無理なようでしたら、ドッグフードとおやつの両方を少し減らすなりして様子を見ましょう。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説