ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

ダイエット用のドッグフードを愛犬に食べさせよう

小型犬は小さいからダイエットの必要はないと思っていないでしょうか。
実は小型犬ほど体重の管理に気を付ける必要があるのです。

なぜなら、たいていの小型犬は足が細く、少しでも体重が増えると大きく負担がかかってしまうからです。
しかも室内犬の場合は、運動量が外で飼われている犬に比べてどうしても少なくなってしまい、体重の増加傾向が見られます。
私が飼っている犬もそうでした。

犬種はヨークシャテリアで、とても小さかったのですが、成長するにつれ食べる量が増えて、目に見えて太ってきました。
そうなると足に負担がかかります。
足が曲がり、関節がゆがみ、痛くなります。

散歩をさせて動かさなければ痩せないのに、足が痛くて歩くのを嫌がるのです。
獣医に見せると、ドッグフードをダイエット用の低カロリーのものに変えるように言われました。
体重を落とせば元のように歩けるようになるだろうということです。

その日のうちに低カロリーのドッグフードを買い、それを与えるようにしました。
最初は味が変わったためかそれほど食べなかったのですが、次第に食べてくれるようになりました。
以前と同じ量の食事でもカロリーが違うため、少しづつ体型が変わっていきました。
そうしてなんとか、太りすぎから標準的な体形へと変えることができたのです。

人間も動物も、太りすぎは体に良くありません。
動くのがつらくなるし、病気になる可能性も高くなります。
特に、ペットはしゃべることができないため、体の不調を訴えることができません。
気づいた時にはどうしようもなかった、などということもあります。

家族の一員である大事な愛犬に、できるだけ長く健康でいてほしいと望むのなら、毎日の食事から気を付けてあげなければなりません。
人間と同じで、必要なものを摂取し、体に悪影響を与えるものは取り除かなければならないのです。
不要な苦しみや痛みを感じる必要のないように、元気に走り回れる体を作ってあげることも、飼い主の務めだと言えるでしょう

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説