ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

ドッグフードを購入する時のポイント

初めて犬を飼った時に、まず考える事のひとつがドッグフードについてです。
ペットショップやホームセンターなどでは様々なペットフードが販売されていますが、これらの中からどのペットフードが自分の犬に合っているのかを購入の際に考えた事がありました。
しかしそれぞれの犬によって好みが若干違っているため、その犬の食べ方などを良く観察してみないと好みがわからない事がほとんどです。

最初は小さい袋のドライフードをいくつか購入してきて、それぞれ与えて様子を見てみました。
うちの犬の場合は7歳ぐらいまではビーフをベースとしたドライフードを好んで食べていましたが、それ以降はチキンと野菜をベースとしたドライフードが好みだったようで、年をとるにつれてその犬の好みが変わってくる事もありました。

若いころは肉をベースとしたドライフードばかりを食べていたせいか、時折胸焼けを起こす事がありました。
そのためおかゆなどを作って、消化吸収の良い食べ物を与える事もあり、日ごろの様子を良く見ておく事で健康管理にも繋げる事ができ、そしてそれが愛犬の喜びにも繋げてゆく事ができていたように思えました。

犬も人間と同じように毎日の運動量や生活スタイル、そして性別や年齢、犬種など、色々な条件によって食事のスタイルや好みが変わってきます。
そのため、好みを調べるためにじっくりと愛犬と接する時間を増やして、その犬がどのようなものを好んで食べるのか、甘いものが好きなのか辛いものが好きなのか、色々な好みがありますが、喜んで食べるものを中心としてバランス良く与える事が大切だと感じました。

バランスの取れた食事は体調管理にも役立っていたと感じます。
犬の食事中に吐き下しなどをしている様子が見られた事があり、このような場合は胃もたれをおこしている事もありました。
または胃腸虚弱などが原因で消化不良を起こしている事も考えられるため、上記のような場合には食事を見直してみるきっかけと感じる時もありました。
年を取ってきている犬であればビーフ中心の食事を見直す事が大切です。

肉を中心としたものではなく、例えばチキンか、魚をベースとしたドライフードも販売されているため、このようなものに変更をしてみるか、またはやわらかめの食事へと変更するなど工夫してみた事で消化不良を治す事ができる事もありました。
やわらかめの食事でも味付けが塩辛いものなどはあまり良くないようで、できれば消化不良が収まるまでは常温程度にさめたおかゆを食べさせてあげる事で、犬も喜んで食べているように思えました。

またドライフードには年齢ごとにあわせた食事バランスや食べやすさを考えたドライフードも販売されているため、こういったドライフードを購入してみて、様子を見てみた事もありました。
ドライフードは毎日同じ味付けのものを与えているとたまに飽きてしまう事もあるため、数種類のドライフードを購入してきている場合にはそれぞれのドライフードを混ぜて与えてみた時もありました。
ドライフードを混ぜて与えるような時は、いつも同じドライフードで退屈しているような様子を見せている時に試したりして、このような時にいつもの味とひと味違ったドッグフードを出すことで、喜んで食べてくれる事も多く、マンネリ化対策としては効果がある場合もありました。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説