ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

ドッグフード、そのメリット、デメリット

愛犬の食事に気を使うのは愛犬家であれば当然のこと。
しかしながら、犬の食事にはいろいろな噂があり、何が本当かわからないのも当然。
「人間と同じものを食べさせるのがよい」「心情的に、犬専用のものはちょっと」、「犬には犬専用のものが一番良いにきまっている」などなど、枚挙に暇がない。
犬もそうだが、動物には、その動物に最も適した食事が存在する。

心情的に納得するしないは別として、存在する。
そして犬にもっとも適した食事といわれているのが実はドッグフードである。
「え〜、あんなひっからびたものがいいなんて信じたくない」というのも愛犬家ならではの心情であろう。
しかしながら、実はドッグフードが一番良い。

動物の専門家の中では当たり前のことである。
しかし、犬にとってメリットでも、人間にとってデメリットであることもある。
それは、あまりにも味気ない外見なので、犬が喜ぶはずがない、と「勝手に」考えてしまう。
そして、ドッグフードは敬遠し、別のものを与えてしまうことになる。

これは実は非常に怖い。
昔は、犬の餌というと余った冷やご飯に味噌汁をかけてあげていた。
また、犬はああいうのが大好きなようで、無言で(当たり前)で夢中で食べていた。
しかし、じつはこれが大きな誤りだったのだ。
まず、人間と同じ味のものを食べさせてしまう。

これは犬の味を忘れてしまうのでよくない。
犬は犬の味が存在するのだ。
それを忘れさせると、犬の味のものを食べなくなる。
味覚的に犬でなくなるのだ。

人間が舌がおかしくなるのと同じと考えればよい。
次に、含まれているものが良くない。
人間の食べるものは、人間にとって良いがほかの動物にとっては害があるものも存在する。
そういう成分が含まれているので非常に危険である。
犬には、人間の食べるものを与えるのは非常に危険である。
さて、ではどのようなものがよいのだろうか。

答えは簡単。
ご自分がご自分の愛犬にとって良いと思うものでよい。
最近はいろいろな種類が販売されている。

成犬用、子犬用などいろいろある。
選ぶのに困るくらい選択肢が多い。
メーカーの指示通りのものを選べばよい。
ドッグフードならば安心である。
犬専用の栄養管理をターゲットとして調整してあるし、犬に害のあるものも当然含まれていない。
では、前述したように、人間と同じものを食べていた犬の味覚を犬の味覚に直すにはどうすればよいだろうか。
これはもう少しずつ直していくしかない。

そう、少しずつ食事にドッグフードを混ぜるのだ。
初めのうちは嫌がるので、憐憫の感情とかがでてしまい欲しがるものをあげてしまう。
御法度である。
犬は犬の味覚でなければならないし、犬にとって害のあるものも避けなければならない。
心を鬼にして取り組みたい。
犬は人間と同じ言葉で会話、コミュニケーションをとることができない。

そのため、どうしても人間が「勝手に」犬の気持ちを察ることが多い。
よい方に察することができればよいのだが、そうでないこともある。
とくに、食事は人間もそうだが、本人には最高でもはたから見ると「なんでそんなもの・・・」という場合が多い。
はっきり言って大きなお世話である。
実は犬もそうだ。

ただ、人間は自分で修正することができるが、犬は自ら修正することがほとんど不可能である。
犬にとってメリットでしかなくても、人間から見るとまったくのデメリットでしかないと映ることもある。

しかし犬のことを本当に考えるのであれば、人間にデメリットに映ることが犬にとってもデメリットである、という考えはしないほうがよい。
その代表がドッグフードであると考える。
愛犬のことを真摯に考えるのであれば、ドッグフードが最適の食事である。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説