ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

愛犬に対してのドッグフードの量

私が飼っているペットは犬であり、犬種はヨークシャテリアです。
小型犬の部類に入り、少し神経質な犬種だと獣医さんからは聞いています。

とても可愛いメスでもう今年で13歳になりました。
年齢的にも当然の事ですが老いも始まっており、ドッグフードの量や適切な給餌に関してはいつもいつも気を遣っています。
私が通常与えているドッグフードは13年間継続してあるメーカーのドライフードを与えています。

ペットフードには色々なカテゴリー分けがあり、ドライフード、プレミアムドライフード、ウェットフードと、様々な種類に分かれます。
私が選んでいるのは、少し通常のドライフードよりも高価である、プレミアムというカテゴリーのドッグフードを与えています。
このドッグフートを与える事で、犬の毛艶はとても良くなるし、健康にも良い。

事実、私が飼っている犬は13年間生きていて、病気やその他の疾患等で、獣医に係った事は一度もありません。
オーナーである私にとって、とても喜ばしい事だと思います。
犬や猫を飼っている方はペットフード選びにとても熱心ですが、ペットに健康でいて貰うには、ペットフード選びも勿論とても重要だと思いますが、本当に大切な事は与える量やタイミングなのかもしれません。

可愛く愛している犬に対しては、いつも沢山与えてあげたいという気持ちがある事は至極当然だと思いますが、その気持ちをぐっと我慢して、適切な量を与えなければなりません。
与えすぎてしまった事で肥満になってしまったり、様々な病気になってしまう方が、飼っているオーナーとしてはとても悲しい事です。

ポイントとしては、とても簡単ですので以下に記述します。
私が愛犬に対して与えている量は、いつも与えているドライフードの裏面に記載されている数値を忠実に確実に守っています。
これだけは、13年間の間、一度も破った事もありません。

(逆に愛犬が食べないという事もありましたが。
)この適切な給餌量を守るという事は一見簡単そうに見えて、同時にとても難しい事でもあります。
しかしこの基本的な事を忠実に守る事こそが、最も重要な事だと私は認識しています。

もっともっと欲しいと、愛犬は毎日の様に私にせがみますが、ここは飼い主もグッと気持ちを引き締め、愛犬に対して与えるドッグフードの量も、自分の愛犬に対しての気持ちも確実にコントロールしなければなりません。
また、通常与えているドッグフード以外に関して、ペットスナックと呼ばれるカテゴリーがあり、犬のおやつという分類で様々な商品が各メーカーから発売されいます。
ペットショップやホームセンターやスーパーなどでは、種類が無限にありますので、いつも驚かされています。

用途として様々な商品があり、歯垢歯石対策のオーラルケア系や、ペットの健康を保つ様なサプリメント系、お留守番などでお利口にしていた際に与えるペットスナックなどがありまキ。
これらペットスナックに関しても商品の裏面をしっかり確認し、忠実に守らなければなりません。

特に通常のドライフードより、ペットスナックは嗜好性が非常に高く製造(肉の含有量が高く、食いつきを高める為に様々な工夫がされている)されていますので、こちらの方も与え過ぎない事にペットオーナーは神経を使わなければなりません。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説