ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

アレルギー体質改善アレルゲン成分を知りドッグフードを選ぶ

ペット達と暮らしている方が増加しています。
食事としてドッグフードを使っている方が多いと考えます。
パッケージの裏に記載されている成分表は必ず読む事にしています。
特に皮膚等に関して自分の目で見て判断出来る湿疹や変化が合った場合、アレルゲン成分を突き止めて行く必要があります。
アレルギーを引き起こす成分をアレルゲンとと呼びます。

皮膚疾患の愛犬がいます。
食事を色々変えてテストを繰り返していますが、改善する為には皮膚の場合、定期的なシャンプーと食事療法を試みる必要があります。
アレルゲンに関しては様々な説を聴きますが、非常に大まかな内容が多く、はっきりと原因を特定する事が難しい様です。
その為に自分自身でドッグフードに関して調べる必要があります。
お肉タンパク源として使用している事が多いです。

内容に関しては、ビーフ、チキン、ラム等が存在します。
しかし、使用肉の記載はありますが、さらに詳しく量等に関しての記載が無い事が気になります。
経験上、ラム肉が一番アレルギーを起こしにくい事に気がつく事が出来ました。

ドッグフードとして加工されるお肉ですが、アメリカで問題視されている肉の中に多く含まれる抗生物質等が気になります。
フードとして加工されますが、お肉以外に穀類等、様々な材料で構成されている事を知っています。
穀物アレルギーの犬も存在しています。

大切な事は原因を突き止める事です。
原因がはっきり解らずに食事の改善は難しいと考えるからです。
皮膚組織を検査機関で調べてもらっても皮膚の状態等は理解出来ますが、原因を上手く突き止める事が難しいです。
私は色々な材料のドッグフードを長年試しています。

皮膚病になったりお腹の具合が悪くなり、胃腸性腸炎等の危険から愛犬を守りたいからです。
食事は一番重要なポイントです。
食事内容が良く無い場合、体調を崩しやすく、病気にかかりやすくなるからです。
ドッグフードの信頼性に関しても考える時代だと意識しています。

現在、タンパク源としてラム肉と玄米をメインで使っているメーカーのドライフードをメインに成分を考え、思考錯誤しながら、手作り食の事も考えています。
全てて作りのフードはコストが高く、忙しい現代人には不向きです。
続ける事が難しくなる場合があります。
愛犬が好むチキンと季節の野菜を圧力鍋で煮込み、ドライフードのトッピングして食べさせています。
味付け無しですが、好評で喜んで食べてくれます。

時間のある方には試す価値があるので、お勧めします。
成分表をみて着色料、添加物等の無いドッグフードを選んで頂きたいと考えます。
アレルゲンを引き起こす原因として考えられるからです。
犬のアレルギーに関しては、未だ未だ未知の世界だと感じています。
原因を特定する事が難しい場合でも、体質改善を常に考え、健康を害す成分を取り除く事を考えて下さい。

中でも多い皮膚トラブル、アレルギーに関してはフードだけで無く、常に体を清潔に保つ為に、シャンプーの回数を増やし、皮膚の状態をチェックする事を忘れないで頂きたいです。
胃腸性腸炎の場合、下痢や腹痛があり、病院で診察、検査を受けるケースが多いのですが、ドッグフードを見直す事で、治るケースが多い事をお知らせします。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説