ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

大切な愛犬から学んだこと

私と愛犬との出会いは四年前になります。
愛犬はパピヨン犬のオスです。
家族で何か動物を飼いたいなと話していた時、父の知り合いで犬猫を保護し、譲渡しているボランティア活動をされている方がいました。
その方に相談した時に、ペットショップで売れ残った子たちを預かっていると聞き、会いに行ったのがきっかけです。
出会った当時は十か月で、他のパピヨンよりも二倍の大きさでした。
十か月という年齢であり、さらに大きいということで人気がなく売れ残ったそうです。
初めての出会いは、なんて綺麗なワンちゃんなんだろう、おとなしくて賢くて、一切私たちに吠えず自ら近寄ってきてくれました。
と同時に、何で売れ残った子たちは保健所に行かなくてはいけないのだろうという気持ちになりました。
知り合いの保護団体の方たちが引き取ってくれなかったら、どうなっていたのだろうという不安と恐怖が襲ってきました。
初めて動物を飼う私たちにとって、この子はとてもおとなしく賢いため、家族全員と相談して引き取ることを決意しました。
あれから四年。
今では家族の中心として、毎日にこやかに過ごしています。
初めて動物を飼ったことで多くのことを気づかされました。
それは動物でも感情があるということです。
引き取って初日のことです。
私の家では室内で飼う為に、リビングにゲージを作りました。
初日の夜にゲージに入れて、自分の部屋で就寝しようとすると突如鳴き始めたのです。
そして私がゲージのところへ来るまで延々と鳴き続けました。
結局その日は、ゲージの外からずっと見守って、私は椅子に座りながら寝ました。
次の日も次の日も、家族が自分の部屋へ戻るたびに鳴き続けました。
最初はなぜこんなに鳴くのかがわかりませんでした。
毎日家族も睡眠不足になりかけていた中で、一度ゲージから出して寝かせてみるかという話になり、試しにソファに寝かせました。
しかしそれでも鳴き続けてしまいました。
家族も困りに困り果て、父が自分のベッドへ連れていってあげた時に、驚くべき反応を示したのです。
何と安堵しきったように、鳴かずにぐっすり眠ってくれたのです。
この事を保護団体の知り合いに話したところ、うちの子はペットショップでもっとも長く売れ残っていて、長期間ゲージに入れられ、仲間が売られていくのを、毎日寂しく鳴きながら見ていたそうです。
その為、ゲージは寂しい思い出を蘇えさせるのではないかとのことでした。
私たちには知らない寂しさや苦悩などの感情が、この小さいな体でいっぱい感じていることを初めて知りました。
それからは毎日父と一緒のベッドですやすや安からに寝ています。
父と一緒に寝るようになってからは、笑顔を見せてくれたり、尻尾を大きく振って表現してくれたり、喜怒哀楽をしっかりと全身で表現してくれます。
私たちもそれを見るたびに、何を考えているのかな、こんな感情なのかなと意思疎通をはかっています。
動物は言葉を話せないけれども、様々な感情をあらゆる行動や声で示そうとしています。
この小さな声に耳を傾け、一緒に成長していくことが大事なんだと気づかされました。
愛犬は今ではでは家族にとって一番大切なパートナーになっています。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説