ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

愛犬の体調管理に大切なドッグフードの選び方

家族のように、犬を大切に飼っている方が多いことでしょう。
そこで、気になるのが犬の健康管理です。
健康管理に重要なことは、散歩などの運動と食事になります。
特に食事は、毎日食べる物なので気をつける必要があるでしょう。
私も、大切にしている犬がいます。

そして、食事はとても気にしている一つです。
その食事には、ドッグフードを与えることが多いことでしょう。
実際私も、hッグフードを与えています。

ですが、ドッグフードも年齢や体質などにあわせてしっかりと選んであげないと、バランスを崩してしまいます。
そこで、ドッグフードの選び方を説明します。
まず、年齢に合わせてたフードを選ぶ必要があります。

子犬の場合、年齢が1歳になるまでは、子犬専用のフードになります。
なぜならば、子犬の成長に欠かせない栄養素が多く含まれているからです。
そして、子犬は大人の犬に比べて、多くのエネルギーを必要とします。

それらの栄養を補うためにも、子犬専用のフードになります。
次に、1歳から7歳までは成犬用のフードになります。
大人になった犬に必要な栄養素が含まれています。
また、この時期の犬には犬の種類や体質に合わせたフードを選ぶ必要があります。
そして次に、7歳以降からは高齢犬用のフードになります。

高齢になると失われる栄養素があり、それを補うことができます。
そして、運動量も減ってくるので、肥満にならないようにする為にも低カロリーに作られた高齢犬用のフードになります。
このように、まずは年齢にあわせたフードの選び方が大切です。
年齢にあわせた物を食べさせないと、バランスが偏る原因になります。
次に、ドッグフードの種類の選び方を説明します。

フードの種類は、ドライフードタイプとソフトドライフードタイプ、そしてウェットフードタイプがあります。
それぞれ、水分量や保存できる期間などに違いがあります。
これらも、年齢ごとに分かれているので、年齢にあわせた物を選びましょう。

どのタイプのフードが良いかは、犬の好みにもよりますが、硬いものが苦手な子にはソフトドライフードタイプやウェットフードタイプの物が良いでしょう。
私が、いつも食べさせているのは、ドライフードタイプの物です。
なぜならば、保存期間も長く、痛む可能性が低いからです。

そして最後に、原材料名と成分のドッグフードの選び方を説明します。
これは、全てのフードにあてはまる事です。
フードの原材料名と成分は、パッケージの裏に書かれています。

その原材料名の書かれている順番というのは、そのフードに使用されている量が多いものから書かれています。
ですので、原材料名の一番最初に、しっかりとお肉の名前が書かれている物を選びましょう。
なぜならば、犬に必要な栄養素である、動物性たんぱく質を多く取ることができるからです。
また、成分表に犬の栄養素に不必要な物が書かれてないか確認することも大切です。
これらを踏まえて、ドッグフードの選び方の参考にすると良いでしょう。

私は、普段からこの様なことに気をつけてフードを選んでいます。
また、分からないことなどがあった場合には、すぐに調べるようにしているのです。
なぜならば、犬は健康管理に大切な食事を選ぶことができません。
ですので、私たち人間がしっかりと選んであげる必要があるのです。
私はいつも、そのように感じています。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説