ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

犬を気軽に飼わない世の中になってほしいことについて

私は中学生の終わり頃に、アパートから新築一軒家に引っ越すことになり、その機会に長年の夢であった犬も一緒に飼えることになりました。
もらってきた柴の雑種で、まだ子犬だったその子はとても可愛らしく、皆で競ってご飯をあげたり散歩に行ったものでした。
しかし、生き物はやはり大変なもので、しつけをしなければ、よくないては近所に迷惑をかけたり、発情期の頃には足にくっついたりと恥ずかしい思いもたくさんしました。
私達家族は犬を飼ったものの、特に飼い方の本などを読むわけでもなく、ただご飯をあげて散歩をするのみだと思い続けて飼っていたのです。
そして、ハムスターや金魚ならいりませんが、犬は歩くことがとても大好きなので、本当に毎日の散歩がとても重要です。
学校から帰ってきたら、どんなに遅くなっても、雨や雪の日でも散歩に行ったことを思い出します。
最初は小さくて可愛かったのですが、いつしか大人になり、家族も前よりは熱心に面倒を見なくなり、私が主に散歩担当になり、面倒くさい、外は寒いなどと言う気持ちが邪魔をして、それが苦痛に思えることも多々ありました。
それでも、私が帰ってくると、尻尾をぶんぶん振って、ワンワン言いながら喜ぶので、それを見る度にとても癒されたことも思い出します。
悲しいときにも、そっと来て涙をなめてくれたりすることもあり、何も話さないけれど、大事な仲間なんだなあと思ったものでした。
それほど大事に思っていたのにも関わらず、私はその後、実家にはなかなか帰れないところへ留学することになりました。
彼のことはとても気になりましたし、両親も年老いてきており、散歩が苦痛だと思うのにお願いして出て行きました。
約1年後に帰ってきたときには、彼もますます年を取っていたせいもあり、反応が薄くてがっかりしましたが、私はまた会えてとても嬉しかったです。
しかし、その後、私は留学で学んだことを元に働くため、また家を出て遠くに行ってしまいました。
今回はしばらく帰ってくることが出来ず、3年半経って戻ってきたとき、彼はもう半分、目が見えなくなっており、私のことはほぼ分からず、寝たきりの状態でした。
そして、東日本大震災の被災地でもある実家で、その約2週間前に亡くなったのでした。
私はたまたま帰省中でしたが、彼の最期に立ち会うことが出来たのでした。
芝の雑種にしては結構と長生きが出来たので、世話をしてくれた親には大変感謝をしています。
しかし、私は彼を通して、生き物を飼うと言うことの難しさを良く分からせてもらいました。
世間には私のように簡単に犬や猫などを飼う人は今もたくさんいると思います。
飼えなくなって保健所に送られるそういった頭数が多いのが何よりも証拠だと思います。
彼らは長生きですから、まず最初に、自分が本当に最後まで面倒を見切れるのか考えてから飼うものだとよく分かりました。
これから飼う人達にもよく考えてから飼ってほしいと心から思います。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説