ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

飼い主と同じように行動を真似する犬

人間と似ている行動や仕草をし、いつまでも飼い主の事を思う生き物なんだなと感じた話です。
親戚の家へ行った時の事、そこには大きな犬がいました。
いつも飼い主の隣から離れず、飼い主が立つ度に同じく立ち上がります。
飼い主がアクビをすれば、少し遅れてアクビをするのです。
その飼い主は68歳のおじさんで、少し頑固で気難しい人でした。
急に怒ったり、だらしない人に対してとても厳しい人でした。
そのおじさんが台所にいるおばさんに向かって「ないぞっ」と怒りながら叫べば、横にいた犬が台所に向かって「ワンッ」と怒ったように吠えます。
おじさんがテレビの前で寝っ転がれば、その目の前で同じようにお腹を見せて寝っころがります。
そのおじさんは人には厳しいのに、犬に対しては異常なほど優しくなります。
そのギャップがおかしく、憎めない人でもありました。
お風呂に入る時にも一緒で、まるで我が子のようにシャンプーをしてあげます。
体をブルブルっとやって、その泡がいっぱいかかっても笑顔です。
ガバっと頭の上に覆いかぶさって、髪型がボサボサになっても怒りません。
大事な服を土中に埋められて泥だらけにされても、「良いよ、良いよ」と撫でながらまんべんの笑みを浮かべていました。
そんなおじさんが71歳の時、重い病に倒れてしまいました。
急な出来事で、あんなに元気だったのにと寂しくなりました。
救急車で運ばれ、手術をしてからずっと入院生活を送ります。
もう家に帰る事はできないだろうと医師から言われ、おじさんの家族は元気を無くしてしまいました。
でも、1番元気が無くなってしまったのは、犬の方でした。
おじさんがいなくなってしまってからは、ずっとおじさんの座っていた位置から動こうとしませんし、動いてもおじさんが好きだった庭の見える位置に行ったり来たりする行動を見せるようになったのです。
散歩の時間になると、「ヒューン、ヒューン」というような悲しげな声で鳴きだします。
そんな日々が続いたある日、病院から電話がかかってきました。
おじさんが息を引き取ったという知らせでした。
今度は仏壇に飾られたおじさんの写真を見ては「キューン、キューン」と鳴くようになりました。
亡くなって1年が経った夏の朝、昨日まで元気だったその犬が仏壇の前で死んでいたと話してくれました。
とても安らかな顔をして、まるでおじさんと会えたかのような表情だったと言います。
それを聞いて、きっと天国で2人でまた同じような格好や仕草をして、仲良くやってるんだろうなあと思ったのです。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説