ドッグフード評判.biz〜安全性と危険を検証しました〜

無添加のドッグフードを紹介!犬のアレルギーについても解説します。

ドッグフードの評判について
画像

無添加ドッグフードで愛犬のアレルギーが改善

私の家ではラブラドールレトリバーを飼っています。
知り合いのブリーダーさんから購入した雄犬です。
もう12歳という高齢ですが、まだまだ元気でいてくれます。

さて、そんな我が家のラブラドール犬は、なかなか面倒な体質をもっている犬でした。
アレルギーがあったのです。
詳しく血液検査に出したことはないのですが、散歩で特定の場所にいくと必ずくしゃみが止まらなくなったり、食べ物を食べて顔が腫れたりしていました。
特に子犬の頃は、まさか犬にアレルギーがあるとは思わず、家族みんなで大騒ぎしていたものです。

おそらく、散歩中に反応するのはブタクサという植物であることはわかったのですが、食べ物はいまいちよくわかりませんでした。
当時あげていた食べ物は主食として市販のドッグフード。
おやつとしては野菜や果物、市販のジャーキーや骨などでした。

野菜や果物が悪いのかと思い、一時期それらをあげないようにもしていましたが、それでも気づけばほっぺたの辺りが腫れていることもしばしば。
犬自身はさほどそれを気にしている風ではありませんでしたが、心配になりました。
そこで、犬が1歳になったころにブリーダーさんに相談。
すると「ドッグフードが体に合わないかもしれない」と言われたのです。

これは目から鱗。
まさか犬用に作られたドッグフードが体に合わないということがあるとは驚きでした。
そこでブリーダーさんに紹介してもらった獣医の先生を訪ねて、アレルギーが出にくいドッグフードを紹介してもらいました。
そのとき初めて「無添加で人間が食べても安心」というものがあることを知ったのです。
この特徴としては、「完全無添加」「国産」「自然派食材由来」というものでした。

市販のドッグフードによく使われている「防腐剤(劣化しやすい油を常温でも腐敗しないようにするため)」「着色料(飼い主さんにいい印象を与えるため)」「着香料(いいにおいを付けることで犬の食いつきをよくするため)」は、本来動物の体には良くないそうです。
そこで、それらの添加物を完全に除去。
輸入するとどうしても時間がかかるため防腐剤が必要になることから、国産に。

そして、原料はすべて人間でも食べられるものになっているそうです。
なので、お値段は通常の5倍以上。
月にすると1万円ほどかかるようになりました。
しかし、健康には替えられないということでそのドッグフードを使用することに。
すると、それからというものアレルギー反応は一度も出なくなったのです。
相変わらずブタクサに近づくとくしゃみはしますが、顔が腫れることはなくなりました。

これには家族みんなでびっくりです。
添加物が悪かったのか、それとも原材料が合わなかったのかはわかりませんが、やはり食べ物は大切なのだなと痛感しました。
それから早10年。
今も同じものを食べています。
最近は食も細くなり、月のかかる食費は8000円程度になりました。

あのときに無添加のものに替えていなかったら、寿命が短くなっていたのかなと思うと、お金がかかっても今のものに替えて良かったと心から思います。
アレルギー以外でも、犬の体調が悪いようなら、食べ物を見直すというアとも大切なことだと思います。
ぜひ、犬にも安心安全はものを食べさせてあげたいものですね。

Menu

私が信頼しているフード

  • アクアクララ
    (信頼できる飲み水)
  • ネルソンズドッグフード
  • カナガン獣医師推薦ドッグフード
  • NDFナチュラルドッグフード
  • 長生きわんこ
  • ペット保険のPS保険

知識解説